【月刊お正月】日本正月協会広報誌「月刊お正月 第14号」を発行しました。

日本正月協会の「月刊お正月 第14合併号」を発行いたしました。

月刊お正月 第14号 概要

特集/日本正月協会 総理事長「新年のご挨拶」

 

 二〇二〇年は、新型コロナの影響で、世の中が劇的に変わった一年でした。そして、二〇二一年のお正月は、コロナ禍で迎える初めてのお正月となります。初詣の分散化や、参拝方法の変化など、新しい生活様式でのお正月の過ごし方が求められている、大きな時代の転換点となっています。

 しかし、このような状況下で、忘れてはならないこと、それは「温故知新」と「本質の見極め」ではないかと、私は考えるのです。

月刊お正月 第14号 見出し

  • 温故知新と懐古との違い
  • 継承すべきは本質であって形式でない
  • ヤマンバギャル×獅子舞ならあってもいい
  • 新しい生活様式によって失われるものが「本質」でなければそれでよい
  • 重点調査エリアは「西日本」
  • みんなだいすきプリン隊

以下よりPDFファイルもダウンロードいただけます。

バックナンバー

>>月刊お正月バックナンバーはこちら

>>月刊お正月関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA