【プレスリリース】「正月の殿堂2020」募集開始

2020年のお正月、日本一盛り上がる都道府県はどこ?

「正月の殿堂2020」募集開始

~行事情報は12月2日~12月16日、開催寄付金は2020年1月31日まで~

日本正月協会は「お正月」を一つの日本の伝統文化ととらえ、国内外に向けた普及・啓発、振興を主な目的として活動しております。
 このたび日本正月協会は、「全国の正月行事の振興」「地域活性化」「首里城の一日も早い復興」「2020年の世界的イベントに併せた日本文化の海外プロモーション」を目的といたしまして、「正月の殿堂2020」とのコンテストを開催することといたしました。

【取り組みのきっかけ】

 2018年末、当事業の前身となる活動の中で、沖縄の方々より、首里城のお正月行事「新春の宴」の素晴らしさについて、情報提供いただきました。

 日本正月協会代表は、2019年末~2020年年始を、首里城で正月を迎えることを大変楽しみにしておりましたが、皆様ご存知の通り、先の大火災により、大変痛ましい事態となってしまわれました。首里城の復興には、途方もなく長い歳月を要するでしょう。

 そこで、首里城の復興を早め、どうか再建されるまでの間、日本のみなさまが寂しさに暮れることなく、日本のお正月が、賑やかで、朗らかに新年の到来を祝うものであってほしいとの願いから、この事業は始まります。

【事業の展望】

 当事業では、皆様から寄せられた正月の伝統行事を対象として協会員が実地調査をおこない、審査し、日本ナンバーワン都道府県を決定します。行事によっては、部外者の過剰な参加を歓迎していないものも多々ございますため、最終的には行事単位ではなく「都道府県単位」で優勝を決定いたします。また、当事業では開催寄付金を募っており、その年の最高額寄付者についても、最高最善のまおう「年玉王(としだまおう)」として認定し、盛り上げるしかけとなっております。行事情報の募集は12月2日よりはじまり、12月16日を目安に終了します。現在、47都道府県にお知らせをしたところ、島根県がスタートダッシュを切っております。ぜひ、地域活性化のため、皆様のお住いの地域の行事情報をお寄せいいただきたく、お知らせ申し上げます。また、開催寄付金は、2020年1月31日までの分を、今年度の分としてお預かりいたします。

 世界から注目のあつまる2020年を皮切りに、大阪万博開催の年2025年に向け、すこしずつ事業規模強化を行うことを予定しておりますので、ぜひ皆様のご理解・ご協力たまわりたく存じます。2020年のお正月に向け、明るい話題をお探しの皆様、今後もユニークな行事・取り組みを多々企画しておりますので、ご多用とは存じますが、ぜひ取材をよろしくお願いいたします。

【紹介動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA