【2022年】日本正月協会®主催図書館イベント、開催決定!追加情報もコチラから(5月、9月、11月)
正月アドバイザー®検定(お正月検定)

[一般]申込9月16日~10月15日
[初級]11月16日~翌1月15日実施
【会場】群馬県・埼玉県

詳しくはこちらから

2019年の正月

スポンサーリンク
ピックアップ

【京都府正月イベント】奉射祭(ほうしゃさい)|伏見稲荷大社(お稲荷さん)

本殿祭の後、神苑祭場で副斎主が神矢をもって四方天地を、つづいて神職二名が大的を射ます。かつてはこの時の矢の当たり方がその年の五穀の豊凶を占うものといわれていました。
2022.05.03
ピックアップ

【京都府正月イベント】初詣大護摩祈願祭(はつもうでおおごまきがんさい)|狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)

護摩が焚き、1年間を健康で過ごせるように祈願します。ご祈祷を受けた人々にお札が授与されます。
2022.05.03
ピックアップ

【京都府正月イベント】楊枝のお加持と弓引き初め(やなぎのおかじとゆみひきぞめ)|三十三間堂(蓮華王院)

境内を無料開放し、参拝者に楊枝の枝でお加持の浄水をそそいで功徳をわけ与えます。また、大的全国大会(通し矢)では恒例の弓の引き初めが行われます。
2022.05.03
ピックアップ

【京都府正月イベント】初大国祭(はつだいこくさい)|地主神社(じしゅじんじゃ)

開運招福と良縁祈願の祝詞奏上の後、恋占いの石のお祓いなども行われます。新春のお札やお守、神矢が授与されます。
2022.05.03
ピックアップ

【京都府正月イベント】法界寺裸踊り(修正会)(ほうかいじはだかおどり)|法界寺(日野薬師)

身体を浄めた信者の男たちが下帯のみの裸となり、願いを込めて「頂礼(ちょうらい)」という言葉を連呼しながら踊りを奉納します。底冷えのする夜の寒さを吹き飛ばすような勇壮な行事です。
2022.05.03
ピックアップ

【京都府正月イベント】釿始め(ちょうなはじめ)|広隆寺(こうりゅうじ)

中世から、番匠(ばんしょう)と呼ばれた建築の匠が、正月に1年の安全を祈願する儀式。「京きやり」の音頭が流れるなか、古式の衣裳で、番匠保存会の会員により厳粛に行われます。
2022.05.03
ピックアップ

【京都府正月イベント】初えと祭(はつえとさい)|賀茂御祖神社(下鴨神社)

境内の言社(ことしゃ)は、大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る十二支の干支の守り神様。“下鴨の繁盛大国”と呼ばれ、福徳円満・長寿・殖産興業の神とされています。  
2022.05.03
ピックアップ

【京都府正月イベント】筆始祭・天満書(ふではじめさい・てんまがき)|北野天満宮(きたのてんまんぐう)

祭神の菅原道真公は書家としても知られ、書道の上達を願っての書き初めをすることができます。
2022.05.03
ピックアップ

【京都府正月イベント】左義長神事(さぎちょうしんじ)|新熊野神社

長さ5メートルの笹竹を3本立て、それにしめ縄を巻き付けた左義長を神火で炊き上げる勇壮な神事です。
2022.05.03
ピックアップ

【京都府正月イベント】修正会(しゅうせいかい)|教王護国寺(きょうおうごこくじ)

御影堂にて厄除の御宝印を祈願し、堂内の柱、僧の頭に朱印を押していきます。その後、参拝者に御宝印が授けられます。
2022.05.03
スポンサーリンク