【2022年】日本正月協会®主催図書館イベント、開催決定!追加情報もコチラから(5月、9月、11月)
アンケート実施中

・お年玉アンケート
・初詣アンケート
実施中です。

アンケートはこちらから

プレスリリースをリユースしましょう。お正月のニュース・年末年始のニュースをご提供下さい

お知らせ

埋もれたニュースを再発掘!

プレスリリースのリユース活動開始!

お正月のニュースを受け付けます。

 日本正月協会は、日本各地のお正月文化を調査・啓発する研究団体です。このたび当協会では、お正月の埋もれたニュースを発掘していくべく、プレスリリースのリユース活動をおこなうこととしました。

日本正月協会の広報誌「月刊お正月」は、その年のお正月の様子を記録する記録媒体であります。プレスリリースとは、報道機関に向けて情報提供するための書類の様式ですが、情報提供したとしても紙面の都合などで、必ずしも全ての情報が報道されるとは限りません。こうした、発信されたにも関わらず埋もれてしまったお正月・年末年始の情報を、できるだけ記録していきたいと考えており、皆様からの情報提供を募っております。

なお、月刊お正月は、協会ホームページ上(https://www.oshogatsu.org/backnumber/)にて閲覧できるほか、2020年には、愛知県、長野県、埼玉県、新潟県にて6000部の配布実績を持つ記録媒体でもあります。

スポンサーリンク

プレスリリースのリユース活動開始の経緯

日本正月協会の機関誌「月刊お正月」は、その年のお正月の動向を記録していくメディアです。

その年のお正月に何が起こったのかを記録していくことは、日本正月協会の使命でありますが、組織規模が小さいため、情報収集が困難でありました。一方で、世の中には情報発信の機会を待つ、多くの事業者様や、個人の方々がいらっしゃいます。

この取組は、これらのニーズをつなげるための取り組みです。

こんなプレスリリースをリユースしたい!

日本正月協会では、タイムリーな情報発信はしないかわりに、世のお正月動向をしっかり記録して参りたいと考えております。埋もれているニュースがある事業者・個人の方。一度リリースを発信したけれども、ニュースが採用にならなかった方。ぜひ、日本正月協会に情報をお寄せ下さい。

なお、日本正月協会では一定の掲載基準を設けており、過去のニュースもそのままの状態では記事掲載ができない場合がございます。以下の掲載基準をお読みいただき、改めて内容を整理して、日本正月協会まで情報提供していただけますと幸いです。

掲載基準

月刊お正月の掲載基準は、主に「その年のお正月の動向を伝えるニュースかどうか」が基準になります。新装開店・新メニュー発売などのニュースで結構ですが「なぜそのサービスをこのお正月に始めたのか?」が詳細に書かれているプレスリリースを記事にします。

「新年は縁起がいいから!」「丑年だけに、牛メニューを充実させました!」といった内容が書かれているリリースを優先し、記事にします。ほぼタイトルだけでお正月との関連性を判断していますので、タイトルでお正月との関連性がわからなければ、リリースの内容まで拝読しません。ご注意下さい。

プレスリリース作成ガイドライン

月刊お正月への掲載には、以下のガイドラインに従って内容を整理していただくと、採用率が高くなります。

1、タイトルには、お正月に関連するワードを盛り込みます。

なるべく冒頭にお正月関連ワードが盛り込まれるようにしましょう。後半部分になるほど、表示時に記載が隠れてしまうことが多くなります。

お正月関連ワードの例(なるべく全国的なお正月関連ワードが好ましいです。)
  • 「獅子舞」
  • 「初詣」
  • 「お雑煮」
  • 「お正月」
  • 「おせち」
文例:
  • ワード:お雑煮
    「2021年のお雑煮はコレで決まり!新しいお正月食材〇〇を発売!」
  • ワード:お正月
    「コロナ禍のお正月はリモートで過ごそう。新商品VRゴーグルは、お正月に便利な機能が盛りだくさん。」
  • ワード:縁起物・ダルマ
    「新デザインの縁起物ダルマを発売します。」

2、「お正月の社会動向」との関連性を示して下さい。

お正月シーズンにそれをやることの必然性や、そのお正月の動向のトレンドとの関連性を示すように、記載して下さい。

例:
  • 「コロナ禍で人と会うことが難しいお正月なので、このサービスを始めました」
  • 「疫病退散の意味を込めてこのようなデザインにしました。」

3、結果をレポートしてください。

月刊お正月は、お正月の動向を記録していくことを目的としております。過去のお正月の動向について、その結果がどのようなものであったのか、記録していきたいと考えております。

お正月に発売した商品は売れたのでしょうか?イベントの来客具合はいかがでしたでしょうか?

そうした結果レポートを含めるように内容を追加していただけますと、採用率は高くなります。

4、地域性は重要です。特に正月県の動向を優遇します。

お正月の過ごし方は、地域によって千差万別ですので、どこの地域(都道府県・市区町村)の出来事なのかがわかるように、タイトルや内容をお作りいただけます採用率が高くなります。特に、日本正月協会が「正月の殿堂プロジェクト」により毎年決定している「正月県」の情報を、なるべく優先して発信してまいりたいと考えておりますので、こうした情報をなるべく含めていただけると採用率が高くなります。

正月県
  • 2020年 山梨県
  • 2021年 奈良県
  • 「全国に初出店」→「奈良県に初出店」の方がより良い
  • 「山梨県では、」→「山梨県甲府市では、」の方がより良い(エリアが広すぎるため)
  • 「甲府市では、」→「山梨県甲府市では、」の方がより良い(どこの都道府県かわからない場合があるため)

プレスリリースは以下の投稿フォームから受け付けています。

以下の情報をお書き添えの上、下記のお問合せフォームよりご連絡下さい。

  • 会社・団体名・店名
  • 担当者氏名
  • 担当者メールアドレス
  • 担当者電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • サイトURL
  • プレスリリースのタイトル
  • プレスリリース本文
  • 見出し画像
  • プレスリリース情報詳細URL
[contact-form-7 id=”2412″ title=”お問合せフォーム”]

この記事を書いた日本正月協会とは?

日本正月協会ロゴ

わたしたち日本正月協会は、正月行事、正月料理、正月遊び、正月飾りなど、お正月の文化を研究し、継承・発展させる団体です。代表者である今成優太を筆頭に、日本全国47都道府県を訪問しながら調査活動をおこなっています。

また、2022年ドバイ万博や、2025年大阪・関西万博など、海外に向け日本の伝統文化としてのお正月の魅力の発信にも注力しています。

<日本正月協会の取り組み>

お正月の日本一を決める正月の殿堂。2020年は山梨県。2021年は奈良県。

コメント