3月3日は女の子の日!ひな祭りを楽しむための完全ガイド

ひな祭り今年も3月3日

ひな祭りといえば、雛人形を飾り、ひなあられや菱餅を食べる、女の子の健やかな成長を願う行事です。

でも、ひな祭りの由来や意味、正しい飾り方を知っていますか?

この記事では、ひな祭りを楽しむための情報を完全網羅!

初心者の方でも簡単に理解できるよう、かんたんな言葉で解説します。

スポンサーリンク

1. ひな祭りの由来

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひな祭りは、古代中国から伝来した「上巳(じょうし)の節句」と、日本古来からの伝統行事がくっついてできたと言われています。

上巳の節句は、3月の最初の巳(み)の日に行われる季節の行事でした。

日本でも、もともとこの時期に行われる行事が色々ありましたが、中でも人形(ひとがた)流しという厄払いの風習が強く影響し、平安時代には貴族の間で盛んに行われるようになりました。

江戸時代になると、武家社会にも広まり、現代まで続くひな祭りへと発展しました。

2. ひな祭りの意味

ひな祭りは、女の子の健やかな成長を願う行事です。

雛人形には、災厄を代わりに受けてくれる「身代わり」の意味があり、ひなあられや菱餅などの食べ物を備えます。

一方で、「ひな人形はひな祭りが終わったらすぐに片付けないとならない」とされ、しまい忘れると、娘の婚期が遅れるといったいわれがある。

3. 雛人形の飾り方

雛人形は、男雛(おびな)と女雛(めびな)を中心に、二段目に三人官女、三段目に五人囃子などと、お飾りします。

段数は、かつては5段、7段、8段と、時代によって変化してきましたが、現代では、住宅の事情や収納などの理由から、三段飾りが主流になっているようです。

雛人形を飾る時期は、2月から3月3日までが多いようですが、一月から開催されるひな祭りのイベントも見かけられます。

4. ひな祭りの食べ物

ひな祭りの代表的な食べ物には、ひなあられや菱餅、蛤(はまぐり)のお吸い物などがあります。

5. ひな祭りの楽しみ方

ひな祭りでは、雛人形を眺めながら、ひなあられや菱餅を食べます。

地域によっては、ひな祭りイベントやひな人形展などが開催されることもあります。

6. まとめ

ひな祭りは、女の子の健やかな成長を願う、日本の伝統的な行事です。

雛人形を飾ったり、ひなあられや菱餅を食べたりして、楽しいひな祭りをお過ごしください。

参考資料

  • フリー百科事典『ウィキペディア』「ひな祭り」

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%9B%E7%A5%AD%E3%82%8A: https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%9B%E7%A5%AD%E3%82%8A

その他

  • この記事は、初心者向けにわかりやすく解説することを目的としています。
  • 詳細については、上記の参考資料をご覧ください。

この情報が、あなたのひな祭りを楽しむための参考になれば幸いです。

干支×星座うらない

コメント