正月アドバイザー検定(お正月検定)

正月アドバイザー検定は、現在準備中です。夏休み頃までに開設することを予定しています。

計画は変更になる場合がございます。

Webでかんたん無料受検!初級は小学生にもわかる。自信につながる!正月アドバイザー検定(お正月検定)

正月アドバイザー検定概要

 お正月は、日本の新年祝いを表す言葉ですが、1,000年以上の歴史を持ち、日本ならではの発展を遂げた、食・行事・遊び・芸術などのパッケージとなった文化です。その魅力は海外に十分に知られておらず、また、近代化によって文化に対する意識も薄らいでいることから、その啓発と後世への継承を目的とし、日本正月協会は組織されました。

 お正月のより的確な知識や文化の伝承を目的に、取組の一つとして、日本正月協会は、新たに「お正月アドバイザー検定」を開設いたします。

正月アドバイザー検定の目的は「日本文化の多様性を次世代に繋げられる人材の育成」

 インターネットやメディア上では、様々な情報が飛び交っていますが、日本のお正月は地域ごとに多様性の富んだ文化を持っており、ある一つの答えが必ずしも正しいとは限りません。

 わかりやすいところでは、お雑煮の作り方一つにしても、「丸餅にするのか切り餅にするのか?」「焼くのか焼かないのか?」など、地域によって多様な文化が存在してます。一方で、インターネットやメディア上では、こうした文化の多様性に対し「丸餅が正しい」といったように、ある一つの答えにスポットを当て、それがさも普遍的かつ全体的であるかのように見せ、少数派文化を切り捨ててしまいがちです。そのため、文化の均質化と、少数派文化消滅を招いています。

 日本正月協会としては、これを非常に問題視しております。

 お正月アドバイザー検定では、こうした文化の多様性に対して「一つの解」を示す「ウンチクの享受」をするのではなく、日本の文化がいかに多様であるかを意識させ、「正確な知識」ではなく「的確な知識」、すなわち「ある一つの正解」を示すのではなく、「様々な日本のお正月文化が存在する面白さ」を学んでいただき、「日本文化の多様性を次世代に繋げられる人材の育成」を目的として開設いたします。

未来の年賀状をデザインしよう。サキガケ年賀状デザインコンテスト

正月アドバイザー検定には複数の難易度があります。

正月アドバイザー検定には、複数の難易度を設けることを計画しています。

 初級は一般的な知識。

 上位資格になるに連れ、地域性や少数派文化にスポットライトを当てた学習を積んでいただきます。地域ごとの文化の特徴を身に着けていただき、「日本文化の多様性を次世代に繋げられる人材」に育っていくよう、問題やカリキュラムを計画しています。

正月アドバイザー検定初級は、「Webで、誰でも、すぐに、無料で受検可能」を目指し、準備中。

 正月アドバイザー検定初級は、日本正月協会のホームページ上で、誰でも、すぐに、無料で受検できるよう、現在準備を進めております。

 また、アプリでも学習&受検できるよう、「正月アドバイザー検定学習アプリ」を提供し、いつでもどこでも学んでいただけるよう、現在準備を進めております。

正月アドバイザー検定合格者のメリット

合格者には、合格証を発行します(有料サービス)。合格証の発行がおこなわれた方については、履歴書に「正月アドバイザー検定初級合格」または「日本正月協会公式 正月アドバイザー検定初級合格」と記載していただき、自身のスキルや興味関心を示すツールとしてお使いいただけます。
(初級では、履歴書に書く以外の使い方は商標法により禁止されます。)

 上位資格では、名刺などのビジネスツールに「正月アドバイザー」と記載することができるほか、「日本文化の多様性を次世代に繋げられる人材」として、または「日本文化の多様性を次世代に繋げられる人材の育成」をスキルとして、ビジネスシーンでご活躍いただくことができます。

「正月アドバイザー(商標登録出願中)」は、商標登録出願中です。

日本正月協会の許可なく「正月アドバイザー」の名称を使用することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA